顔の形に合わなかったら?お店に行って調整してもらう必要がある

フィッティングは実店舗でしか無理

人間は一人ひとり、鼻の高さや耳の位置などの形が異なります。そのため、メガネを購入したときは、最初に自分の顔に合わせる作業を行う必要があるのです。それはフィッティングと呼ばれていて、実店舗のメガネ屋なら購入時にほぼ間違いなくやってもらえます。専門の知識を持ったスタッフが対応してくれるため、最もかけやすい状態になるまでメガネを調整してもらえます。しかし、ネットで購入してしまうと、フィッティングは行ってもらえません。自身の顔の形を完璧に伝えることはできないため、写真などの画像を送ったとしてもやってはもらえないです。そのため、ベストなかけ心地のメガネにしたい場合は、フィッティングしてもらえるお店を探す必要があります。

すべてのお店がやってくれるわけではない

基本的にお店が行うフィッティングは、そこでメガネを購入した方に提供しているサービスです。従って、近くのメガネ屋を訪れて調整を頼んだとしても、行ってもらえない場合があるので気をつけましょう。もしも、持ち込みでやって欲しいのなら訪れるまえに電話やメールを使い、他店で買ったメガネでも対応しているか確認を取ることをおすすめします。なお、自分のお店でメガネを購入した方には無料で行っていても、持ち込みの場合は有料のケースもあります。そのため、やってもらえるか確認を取るときに、フィッティング費用についても質問しておいたほうが安心です。3000円以上取られることもあるので、安さを求めるなら無料のところを探してみましょう。